内向的カンガール人の一念発起。

内向的カンガール人の一念発起。

カンガールな人間が新しいことに挑戦していく雑記ブログ。

「反出生主義」子どもを持つことに反対するド正論。子どもを産むことは親のエゴではないか。

スポンサーリンク

胎児が生まれるかどうかを決められないバグ。

反出生主義」という言葉があります。これは、生きるということは苦しみが多いから、子どもを産まないようにしようという主義のことで今既に生まれて暮らしている人々は全て幸せになることを目指したうえで、これからは子どもを産まないようにします。

決して全人類がそうあるべきと思っているわけではなくて、もっと子ども生むことについてしっかり考えるきっかけとして、そういう考えもあるという視点で読んでもらえると嬉しいです。

僕自身、この主義に対して、明確な立場を持てていません。そのため曖昧な文章になっている可能性がありますので、もし不快に感じる方がいらっしゃいましたら、先にお詫びさせていただきます。

反出生主義まとめ

・生きることは幸せよりも苦しみの方が大きいと言える

・胎児は生まれてくるかどうかを選択できない

・生まれられなくて不幸せだったとは思うことはない

・万人に受け入れられる考え方ではない

・子どもの幸せを考えるきっかけに

f:id:kakinetomoyaa:20180324141555j:plain

反出生主義の定義

wikipediaから言葉を引用しました。

反出生主義(はんしゅっしょうしゅぎ、: Antinatalism)とは、子供を持つ事に対して否定的な意見を持つ哲学的な立場である。

「反出生主義」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』より。
"2018年4月28日 (土) 22:13" UTC
URL:
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%8D%E5%87%BA%E7%94%9F%E4%B8%BB%E7%BE%A9

子どもを持つというのは、子どもを作ること、子どもを産むことという意味で、この行為を良くないものと考える主義のことを反出生主義といいます。この考え方には現在生きている人々についてどうするべきかは含まれておらず、あくまでも未来的に子どもを持つことに反対するだけです。

幸せは長く続かない

f:id:kakinetomoyaa:20180422114419j:plain

なぜ子どもを持ってはいけないのかというと、現代の社会というか人間として生きていく中では、幸せよりも苦痛の方が大きいと言えるからです。もちろんこれは全ての人に当てはまるわけではありません。ただ、幸せの定義は曖昧で、限界のないものです。対して不幸せの定義は比較的明確で、苦痛や貧困は不幸せに直結します。望んで生まれてきていないのに、不幸せを押し付けられてしまうのは、理不尽ではないでしょうか。 

そして、必ず死というものが存在します。生きている以上、死が幸せだと思う人はほぼゼロだと思います。どんな幸せな人生を送っても、最後は絶対に苦痛である死で終わってしまうのです。あなたは生涯を終える瞬間に生まれてきて良かったと言える自信はありますか?

胎児に選択権はなく、生まれてこない胎児に意思はない

幸せかどうかは生まれてみないと分からないという反論があります。確かにこれはそうです。幸せになるか不幸になるかはその人の生き方、感じ方次第で大きく変わるので、子どもが幸せにならないとも言えないし、幸せになる可能性も多大にあります。でも、確実に不幸になる人がいるのも事実です。多数の幸せのために少数の不幸な人を犠牲にしても良いのでしょうか?

生まれさえしなければ、不幸になる人は0になります。そして、もし子どもを持たない選択をしても、生まれてくるはずだった子どもは生まれられなくて不幸せだと感じることはありません。幸せか不幸せかを感じることもできないので、まだできてもいない子どもの幸せを考える必要はないのです。

万人受けする考え方ではない

子どもを産むなと言われてすぐに納得できる人はほとんどいないはずです。一般的にも生物的にも子どもを育てることは当たり前のことだからです。そんな当たり前に反する考え方なので、批判も多くありますが、ただ間違ったことは言っていない、ど正論だと僕は思っています。

子どもを産むということの重さを考えてほしい

全ての人が子どもを持たないということは現実的に考えると不可能です。でも子どもは生まれてくるかどうかを選べないということは、子どもが生まれてくるのかどうかを決めるのは親です。

20歳になったらはい、おしまい。ではなくて、ずっと真剣に向き合ってあげて、せいいっぱい幸せにしてあげてほしいです。もし金銭的な問題や家庭環境の問題で子どもを幸せにできないと少しでも思う人は、今一度子どもを作るべきかどうかを考えていきましょう。

さいごに

f:id:kakinetomoyaa:20171105112129j:plain

この記事を読んで、どのような感想を抱きましたか?「不幸なやつが何か言ってるよ。」とか「深く考えすぎだ、もっと適当に生きた方が人生楽しいよ。」とかいろいろあると思います。僕もそう思う気持ちがありますが、どうしても生まれてくることが幸せとは言い切れないのです。

多くの人がしっかり考えて、少しでも多くの人が幸せに近づいてほしいと思います。

また、反出生主義とは関係ないですが、子育てに関する記事もいくつか書いていますので、興味がある方はぜひ。

kakinetomoyaa.hateblo.jp

kakinetomoyaa.hateblo.jp