内向的カンガール人の一念発起。

内向的カンガール人の一念発起。

カンガールな人間が新しいことに挑戦していく雑記ブログ。

【レビュー評価】コスパの良いbluetoothイヤホン!TaoTronics TT-BH07

スポンサーリンク

こんにちは。カンガール人です。

突然ですが、イヤホンはワイヤレスを使っていますか?お手持ちのiPhoneからイヤホンジャックが消えて困ってはいませんか?

今回はそんなあなたに、音楽を聴くときハンズフリー通話するときに使えるワイヤレスbluetoothイヤホンの紹介です。

f:id:kakinetomoyaa:20180101172726j:plain 

レビューまとめ

【総評】2,999円としては十分すぎるほどのスペック。
【音質】低音強めの平凡。
【通話音質】相手側は少し途切れることがある模様。聞く方は安定した音質。
【装着感】選べるイヤーピースで僕の耳にはぴったり。大半の人には合うと思う。
【バッテリー】最大5時間なので、使いすぎない限りは大丈夫。
【ペアリング】説明書も読まずにボタン押してるだけでペアリングが可能。簡単。
【見た目】シンプルで通常使用はスポーティでおしゃれかも。

総評・値段

amazon価格が2,999円と手の出しやすい値段となっています。(2017/12/31時点)

僕が購入したときは青が少し安かったのですが、今は全色同じ値段になってますね。

ピンクなんかおしゃれでいいですね。

 同じような商品って結構あって、どれにしたらいいか、かなーり悩んだんですが、レビューも多くてすごい売れているみたいだったのでこちらをチョイスしました。発売してから2年ほど経っていますが、いまだに売れているようです。

 型番違いの後継機がいくつか出ていて、値段も安い商品がいくつかありますがこちらは安すぎてちょっと不安だったので古いものにしました。 

 正直どれも変わらない可能性はあります。

音質・通話時音質

 普通に音楽が聴けるレベル。低音が強めではありますが、めちゃくちゃ音質が良い!という訳ではないように思いました。ほんのたまに不安定になることはありますが、1か月に一回ぐらいです。ここだけは値段相応といった感じでしょうか。それだけじゃなくてbluetoothの仕様でホワイトノイズが常にあるので、気になる人は気になるかもしれません。

マイクについては、相手にはちゃんと聞こえているようで、問題なく通話することができています。マイクが操作ボタンの部分にあるので、声が入りづらいってこともなさそうです。

装着感・使い勝手

 ワイヤレスというだけでここまで便利になるものなのか・・・と正直びっくりしています。イヤーピースが選べるというのもあって、耳が痛くなることもなくつけられています。

ペアリングは正直説明書を読んでいなくてもできました。適当に真ん中のボタンを長押しして青色になったらペアリングされますペアリングを解除するときは同じボタンを長押しして赤色になったら、ペアリングがオフになります。

f:id:kakinetomoyaa:20180101172808j:plain

使わないときはこうしてユニット部分をくっつけてネックレスっぽくすることもできます磁石の強さはちょうどいいぐらいです。そう簡単に外れることはないぐらいの強さです。

f:id:kakinetomoyaa:20180101173417j:plain

まとめ

この商品をおすすめできる人ははじめてbluetoothイヤホンを買う人、普通のイヤホンでも満足できる人。だと思います。ちょっとでもbluetoothがほしいなって思う人は買ってみたら十分満足できるはずです。

ただ普段使っているイヤホンが高級だったりして、音質を求める人はあんまり期待して買うとがっかりしそうだなぁ。という印象です。

以上の点をふまえて、良いなって思ったら、値段も安いので買ってみてはどうでしょうか。

それでは以上、bluetoothイヤホン TaoTronics TT-BH07の紹介でした。