内向的カンガール人の一念発起。

内向的カンガール人の一念発起。

カンガールな人間が新しいことに挑戦していく雑記ブログ。

口角を上げていく笑顔の練習。ウインクを全力でするイメージ。

スポンサーリンク

口角が上がってる人は魅力的!

笑顔の練習と聞くと変なことしてる人だなぁと思われるかもしれません。でもできない人は練習しないできるようにならないと思っています。笑うのが苦手だなぁと感じている人はためしに練習してみると、確実に表情が良くなります。僕自身あまり笑顔を意識して作っていなかったのですが、練習すると自然に出るようになりましたし、メンタル的にも楽しい気分になることが増えた気がしています。

今回はそんな笑顔の練習の効果をご紹介します。

笑顔の練習まとめ

・笑顔は練習しないとできない

・本心から笑っているはずなのに苦笑いと言われる人のために

・口角をしっかりあげることが大事

・ウインクをした後、唇を目に近づけるイメージ

・鏡に向かって理想的な笑顔の練習

f:id:kakinetomoyaa:20181117162808j:plain

笑顔の練習

この言葉だけを聞くと、作り笑いの練習を鏡に向かってやっているちょっと変わった人を想像してしまいますが、そんな危険な練習ではないです。もちろんあまり人には見られないようにした方が良いですが・・・。俳優さんも表情の練習は確実にしていますし、この人綺麗だなーという人の中には笑顔の練習をしている人も半分ぐらいはいるんじゃないかと思っています。

なぜただの感情表現であるはずの笑顔を練習するかというと、みんながみんなきれいにできるわけじゃないからです。もちろん天然でみんなを元気にできるような笑顔をする人も中にはいますが、意識していないと左右非対称になったり、上手く笑えていなかったりすることがよくあるのです。作り笑いのためじゃなく、大切な人と楽しく過ごすために笑顔の練習をしてみましょう。

苦笑いが多いと言われやすい

僕自身、本当に楽しくて笑っているのに「苦笑いしてるね。」と言われた経験があります。今思えば、これは笑顔を作るのが下手だったので、上手く笑えていなかったということだったのでしょう。

普段笑うことはあっても、笑顔をすることはなかったので、笑顔に慣れていないのと、顔の筋肉があまり発達していなかったのが原因だと思われます。鍵は「慣れ」と「筋肉」です。誰でも笑顔を見ると元気がもらえますよね。苦笑いだと思われるより、せっかくなら自分も相手も楽しい笑顔にしてしまいましょう。

笑顔の基礎練習方法

基礎練習と言うか簡単な筋トレです。片目をつぶって、つぶった方の唇を目に近づけるように口角を上げます。大体10秒ぐらいずつを1セットとして1日3セットぐらいやると表情筋が鍛えられて、楽に笑顔を作れるようになっていきます。

後は理想的な笑顔の画像をGoogle検索で見つけて、その顔にできるだけ近づけられるように練習していくと顔全体の筋トレにもなって、早く魅力的な笑顔を手に入れられます。

普段から口角を上げるようにすると一気に魅力的に

普段の笑顔だけでなく、口角が下がり気味だと感じるときは普段から口角を少しあげるようにすると好印象を得られることが多いです。女性に多いですが、真顔でもあんまり怖くないなって感じる人は、普段から口角が上がっているはず。

鏡を見て笑顔を作る

f:id:kakinetomoyaa:20181117162802j:plain

普段から笑顔の練習をすると自分の笑顔にも自信が出るので、苦笑いが自然な笑顔になっていきます。毎日鏡を見るときに、ほんの10秒ほどで良いので笑顔を作ってみてください。気持ちが少し上向くのと、笑顔の練習になるのですごくおすすめの習慣です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。ほとんどの人が当然のようにできると思っている笑顔ですが、人それぞれいろいろなことに得意不得意があるように、顔の表情の作り方にも得意不得意があるとすごく感じています。ただあまり表情づくりが得意でない人も練習すれば、確実に魅力的な笑顔を手に入れられるので、ぜひ毎日少しずつ練習してみてください。笑顔はきっといろいろなものを運んできてくれますので。

それでは、また会いましょう。

仕事も人間関係も上手くいく 笑顔力

仕事も人間関係も上手くいく 笑顔力