内向的カンガール人の一念発起。

内向的カンガール人の一念発起。

カンガールな人間が新しいことに挑戦していく雑記ブログ。

大人になってから楽器をはじめたい。楽器初心者なりにギターとピアノのそれぞれの良さまとめ。

スポンサーリンク

やりたいと思ったことをやりましょう!

社会人になって何か新しいこと始めたいなぁって思った時に上がる候補の一つ、楽器。その中でも比較的身近なギターピアノのどっちがいいかということについてまとめます。筆者は楽器は全くの未経験でこの20代前半ではじめて楽器を手にすることになりますが、未経験者なりに考えていきます。

社会人が楽器を始めてみるまとめ

・候補はギターとピアノ

・ギターは2種類

アコースティックギターは一人でも楽しめる

エレキギターはバンド組む人向け

・ピアノは一人でも静かに楽しめる

・最後はフィーリングで

f:id:kakinetomoyaa:20180602110656j:plain

ギターとピアノの二つから選んでみましょう

演奏する楽器と聞いて思いつくのが、ギターとピアノだったので今回はこの二つから選んでみたいと思います。どっちの楽器も弾けるとかっこいいというのが理由です。楽器の中でも比較的身近で始めやすそうという安直な理由でもあります。

アコースティックギターエレキギター

f:id:kakinetomoyaa:20180602110712j:plain

ギターと聞くとアコースティックギターエレキギターが思いつきますが、アコースティックギターはどちらかというと弾き語りやソロギターなど、一人で演奏を楽しむことができるイメージ。エレキギターはバンドを組んで、複数人で音楽を楽しむイメージです。もちろん楽器に決まりはないので、アコースティックギターでセッションしたり、エレキギターでCD音源に合わせて演奏するのも楽しいですね。

Bacchus BTC-1R (CAR)

Bacchus BTC-1R (CAR)

 

ピアノ・電子ピアノ

ピアノというと弦があるグランドピアノまたは縦型のアップライトピアノのことを指しますが、さすがに初心者がこれらを買って設置するのはハードルが高いです。となると値段的にも電子ピアノがおすすめです。

電子ピアノであれば、ヘッドホンで音を聞くことができるので騒音問題を気にすることもなくいつでも練習が可能です。そして電子ピアノは1万円代からあるので続くか不安という方でも比較的手が出しやすいと思います。

電子ピアノにおける、1万円代の商品と10万円代の商品の違いは主に、鍵盤の数、鍵盤の重さ、鍵盤を押す強さで音の強弱がつけられるかどうか、音のクオリティ、ペダルの有無といったものがあります。最初の内はあまり気にならないかもしれませんが、上達していくと大きな違いになってくるので、できればちゃんとしたものを買う方が後々役に立ちます。

具体的な目安としては、鍵盤の重さがある程度しっかりしていて、値段的にも高すぎないCASIOのPX-770が僕的おすすめです。

KORGというメーカーのLP-380も良い商品です。PX-770との大きな違いは鍵盤のセンサーで、音の強弱の緻密さに差があります。

初期費用はこだわらなければどちらも同じぐらいで始められる

初期費用はギターもピアノもあまり変わらないという印象です。ただ楽器は一万円代のものになるとかなり値段相応でチープなものになってしまうので、最低でも5万円から10万円程度用意すると満足度の高い買い物ができると思います。 お財布と十分相談して、ちょっと無理して買うぐらいが続く秘訣かもしれません。

ギターの方が騒音は問題になりやすいかも

教室に通う場合は気にしなくても大丈夫ですが、自宅で練習する場合、ギターだと隣人への騒音を気にする必要が出てきます。アコギはかなり大きな音が出るので、アパートやマンションの場合、特に問題になりやすいです。エレキギターはアンプに繋ぐもしくはヘッドホンで音を聞くようにすれば、そこまで大きな音は出ませんが、壁が薄い場合は音が漏れてしまう場合があるので、十分に注意しましょう。

良さを見ても悩むならフィーリングでとりあえず始めてみる

どうしても悩む人は好きな方で決めてしまうのも面白いと思います。やってみてはじめてわかることもたくさんあるので、どっちもやってみるというのもおすすめです。

まとめ

f:id:kakinetomoyaa:20180602110703j:plain

大人になって楽器を始めるのはかなり気合を入れないといけないイメージがありますが、始めるなら早い方が絶対に上達するので、勢いであまり気負わずに始めてみてはいかがでしょうか。もしかしたら人生が変わるぐらいの趣味になるかもしれません。

それでは、また会いましょう。