内向的カンガール人の一念発起。

内向的カンガール人の一念発起。

カンガールな人間が新しいことに挑戦していく雑記ブログ。

東京一人旅、寂しいけどおすすめ。知らない世界を知ることは自分の小ささを知ることだ。

スポンサーリンク

一人旅の経験は人を大きくする。かもしれない。

あなたは一人で旅行したことがありますか?何度も経験されている方は相当旅好きな方ですね。そういった方を除くとなかなか一人旅に出かける機会はないですよね。僕自身も旅行は好きでしたが、一人で旅行したことはありませんでした。ですが今回、東京に一人旅をしたところ、得るものばかりで本当に良かったので、一人旅の良さをご紹介します。

 東京一人旅で考えたことまとめ

・毎日考え続けてきたことで考えがより深まった

・膨大な一人の時間

・判断力が必要になる

・行き先を決めるのは自分がやりたいかどうかだけ

・一人を楽しむことで二人以上の旅行の楽しさも増す

・誰でもできるわけじゃないのかも 内向性と外向性

f:id:kakinetomoyaa:20180924172011j:plain

旅行先で考えにふける

旅行先でした大きなことは「頭の中で考えを巡らせる」ということです。ちょうど4連休だったので、仕事のことは一切忘れてやりたいことだけをしながら、見たり体験したりしながら考えました。下記の分かった3つのことはほんの一部ですが、これだけでも一人で旅行する価値があったと思っています。

・自分に足りないものが分かる

僕の場合は行動力、図々しさ、親切心、決断力が足りないということに気づけました。細かいところを言うともっとあります。

・自分が好きなものと好きなこと、なぜ好きなのかを考える
・自分がなりたいもの、やりたいことを見つける

やりたいことの原動力は好きから生まれるので、自分の好きなことややりたいことを再認識することができます。好きなことを突き詰めていくのは楽しいですよね。

行き先でおすすめの場所は、美術館、博物館、大学、プラネタリウム、展望台、人混み、と自分が好きなものに触れられるところです。ただ自分が絶対に行かないと思うところにも行ってみると新たな発見があって、これもまた大きな経験になりました。

ずっと一人だけの時間

f:id:kakinetomoyaa:20180422114419j:plain

一人旅は基本的に一人です。

昼ご飯や晩御飯を食べてもいいし、食べなくてもいい。気分が乗らなければ行き先を突然変えたって良い。駅のベンチに座ってたくさんの人を見てるだけでも何かを思いつくかもしれません。普段周りを気にすることの多い社会人は、もっと自由に生きていいことに気づくことができるかもしれません。

僕自身、やりたいことをもっとやろう。と強く思いなおすことができました。

決められるのは自分だけ

一人旅では相談相手がいないので、迷ったり悩んだりしたときは一人で決断しなくてはいけません。決断力や判断力に自信がない人でも決めないとどこにも行けないので、否が応でも決断力と判断力が付きます。

ただ困ったときには人を頼れば、きっと助けてくれる人はいます。一人旅とはいっても、案外いろんな人との交流があるもので、初対面の人との関わりも旅の醍醐味です。

2人以上の旅行も楽しい

複数人での旅行も間違いなく楽しいです。むしろ一人旅よりも楽しさでいえば上だと思います。ただどうしても一緒に行く人のことも考えないといけないので、完全自由に行動することはできません。だからといって、どっちが良いというものでもなくて、一人旅を経験することで、人と共有することの楽しさに気づけました。一人旅も2人以上の旅行もどっちも良さがあって楽しいものです。

向き不向きはあります

一人が好きな人、一人だと寂しくて無理な人、いろいろ思うところはあると思いますが、少しでも興味がある方は、勢いに任せて行ってみてください。寂しくなったらすぐに帰ることだってできますから。

まとめ

f:id:kakinetomoyaa:20180924172003j:plain

一人旅から帰ってきたときには、きっと自分が一回り成長したような気分になれると思います。もし全然楽しくなかったと思う人はそれでもいいんです。そんなあなたは人と楽しさを共有できる人なはずなので、友達を誘ってもう一度旅行すればきっと楽しいですよね。それが分かるだけでも行く価値はあるのかなと思っています。
自分の行きたいところに今週末にでも、でかけてみては。

それでは良い旅を。