内向的カンガール人の一念発起。

内向的カンガール人の一念発起。

カンガールな人間が新しいことに挑戦していく雑記ブログ。

【携帯電話 au】 毎月割の終了した人必見。ピタットプランとフラットプラン、データ定額の違い!

スポンサーリンク

こちらの記事は2018/2/18時点の情報を基にしています。

結構な人がスマートフォンを持つようになって、かなり経ちますが、いかんせん料金が非常に高い。そんな中格安SIMが誕生し、現在ではかなり浸透していると思いますが、まだ今まで通り大手キャリアを使っている人。きっといると思います。今回はその中でもau”の新プランを使って少しでも携帯代を安くするための知識をまとめます。  

auプラン変更まとめ

・ピタットプランとフラットプランに変更すると毎月割がなくなるので注意

月のデータ使用量が3GBまで、もしくは変動が大きい人はピタットプランがおすすめ

・ピタットプランは使いすぎると自動的に料金が上がる仕組み

月のデータ使用量が3GBを超える人はauフラットプランがおすすめ

カケホ、スーパーカケホ、シンプルは電話の使用料で選択

・プランの変更方法は店頭、電話、ネットの3つ

f:id:kakinetomoyaa:20180129213131j:plain

大前提は毎月割がなくなるということ

まず、通常のデータ定額プランからピタットプランとフラットプランに変更すると毎月割がなくなってしまうということが非常に大きな点です。別の言い方をすると、ピタットプランとフラットプランは新規契約や機種変更を行ってから2年以上の人が主な対象ということです。もちろん使うデータ量によってはフラットプランの方が安くなるということもあるので、その場合は料金シュミレーターを活用してみてください。

毎月割とは

新規契約・機種変更 (端末増設) 時に対象機種購入と同時に、指定のデータ定額サービスに加入すると、利用料金から最大24カ月間 (購入の翌月から) 割引される。というサービスです。簡単に言うと、2年間使うと機種代金が少し安くなるよ。ということです。
2年間で機種代金をすべて払い終えるので、新規契約・機種変更から2年が経過すると自動的に毎月割は消滅します。

 

ピタットプランは3GBまでの人、変動が大きい人

ピタットプランが向いている人は一か月の使用量が3GBまで、もしくは使用量に大きな波がある人です。使った分だけ料金が自動的に増えていくので、動画をかなり見ている人など、使用量をあまり気にしない人には向いてないプランです。

auに電話で確認したところ、システム的に使いすぎないようにすることはできないとのことでした。利用料金を抑えるためにはデジラアプリを使用して自分でコントロールするしかないようです。

 

フラットプランは3GBを超える人

僕はこれにしました。月額の使用料金が3GBを超えるとピタットプランよりこちらの方がお得です。20GBもしくは30GBまではいくら使っても料金が一定なので、フラットプランと呼ばれています。

こちらのプラン、スーパーカケホの場合でも20GBで月額6,500円とかなり安いです。20GBもあればかなり使えるので、かなりおすすめのプランだと思っています。

 

通話料金は電話の使用頻度によって選択、値段も上がります

データ使用は上の二つの中から選んで、次は通話料金のプランを選択します。これは3つに分かれていますが、かなりわかりやすいです。普段自分が電話をどれだけ使うかということで判断しましょう。

カケホ→毎月長電話をすることがある人、時間を気にせず電話したい人

スーパーカケホ→電話するにはするけど店の予約とかばっかりで5分以下が多い人

シンプル→電話はほぼしない人

 

プランの変更方法

さて、自分に向いているプランが分かったところで、実際のプランの変更に移ります。プランの変更方法は、大きく3つに分かれています。

1. auショップに行って、変更手続きする

2. 157に電話して、電話窓口でオペレーターに変更を依頼する

3. インターネット上のMy auにアクセスして変更する

僕は料金の明細をしっかり確認したかったので、157に電話して変更してもらいました。ただのシュミレーションからお得なプランの相談まで請け負っているようなので、わからない方は電話でもいいんじゃないかと。※プラン変更等には契約時に設定した4桁の暗証番号が必要なので先に用意しておくとスムーズです。

電話のオペレーターはかなり丁寧に、わかりやすく説明してくれます。また、プラン変更が完了すると紙の明細が登録住所に郵送されます。

 

その他情報

実際の料金は人それぞれだと思います。自分のプランの料金がいくらになるかは、au料金シュミレーターを使うと税込金額で利用料金が表示されるので、ちょこちょこっと入力してみてください。

ただこのシュミレーターだとオプションの料金が反映されないので注意です。auスマートパス(401円)や故障紛失サポート(410円)などを使われている方はこのシュミレーターの結果にプラスするとより正確な料金が出ます。

www.au.com

まとめ

f:id:kakinetomoyaa:20180117222057j:plain

いかがでしたでしょうか。ピタットプランとフラットプランは、毎月割がなくなってしまうので、誰にでもお得なプランというわけではないですが、2年を超えて使っている人は結構安くなるプランではないかと思います。そして、シュミレーションからプランの変更までネット上で簡単にできるので、2年を超えている人は試しに見るだけでもぜひやってほしいです。

それではこの辺で。最後までありがとうございました。